クリニック・リニューアル
追加工事がひと区切りつきましたので
古河市塚原医院さんに工事監理報告等でおうかがいしました。

芝生・植栽を工事したのが冬でちょっと殺伐とした感じでしたが
新緑のいろに染まりぐっといい感じになってきましたね。







塚原医院さんは古河市尾崎で代々続くお医者さまで、今回は
診療科目の追加にともなうリニューアル(建て替え)ですが、
リニューアル前に比べて患者さんはほぼ倍増したとのこと。

紆余曲折があってなかなか大変なプロジェクトでしたが
多くの患者さんに選んできて頂いているということは、
建物の心地よさを評価して頂いているということであり、
建築家としてこれ以上のよろこびはありません。


現代では医療といえどもひとつのサービス業として、
質の高いサービスと建築デザインが求められます。

私たちはクリニックの新設からリニューアル計画まで
同業他社と差別化できるデザイン性の高い
クリニックづくりのお手伝いをしております。

ご相談・初期プランニングは無料ですので
なにかご計画がございましたら、
ぜひ当方までお気軽にお問い合わせ下さい。

----------------------------------------------------------------------------

クリニック・歯科医院・薬局の設計監理なら


茨城県つくば市松代3-6-14-D202
TEL029-855-3133 www.em-arch.com


 

T-Clinic 外構 ほぼ完成


T-Clinic 塚原医院さんの外構工事がおおむね完成しました。
メイン看板もシックでなかなかいい感じですね。


駐車場にはバリアフリーの車寄せスペースがあります。

道路側からの患者さん用メインアプローチ。

通用口まわりもなかなかおしゃれです。


茨城県古河市尾崎3810-3
Tel 0280-76-2323


--------------------------------------------------------------------------------

医院・店舗・住宅の設計監理なら

茨城県つくば市松代3-6-14-D202 TEL029-855-3133







外部舗装・植栽工事など
T-Clinic 外構工事の現場に行ってきました。


舗装スペースはスタンプコンクリートの石畳調仕上げ。
色あいも落ちついていてとてもいいですね。


反対側から見た様子


道路(県道)側は敷地の方がかなり高くなっており
打ち放しコンクリートの擁壁で段差処理



植え込みスペース



ようやく建物まわりが落ち着いてきました。
あとは駐車スペースのアスファルト舗装、ライン引き、車止め設置などなど。

1月中には外構も含めてお引渡しということで頑張ります。


------------------------------------------------------------------------------------

住宅・医院・店舗の設計監理なら

茨城県つくば市松代3-6-14-D202 TEL029-855-3133

T-Clinic 外構工事
今日はあいにくのお天気でしたが、
T-Clinic 外構工事の配筋チェックで現場にいってきました。


これから駐車スペースを整備していきます。

コンクリート擁壁 配筋チェック


浄化槽・浸透槽・ポンプ槽 施工状況


まだまだ工事中な感じですが、建築基準法上は既存建物撤去
合併浄化槽設置までで一応工事完了ということになりますので、
今日の時点で工事完了を確認検査機関に報告する予定です。

これから縁石で仕切ったうえで、
歩行スペースを化粧コンクリート(スタンプクリート)で
駐車スペースをアスファルトで舗装していきます。

化粧コンクリート(スタンプクリート)というのは石畳っぽく見える
ようなコンクリート仕上げで、新しいショッピングセンターや
分譲マンション、ディズニーランドなどで使われている舗装です。

どんな感じになるか楽しみです。

----------------------------------------------------------------------------------

医院・店舗・住宅のデザイン・設計監理なら

茨城県つくば市松代3-6-14-D202 TEL029-855-3133


T-Clinic 撤去工事完了!
T-Clinic 塚原医院さんの撤去工事が完了しました。

T-Clinic は建て替え工事ですが休診しなくて済むように
 1. 医院新築して移転開業
 2. 既存建物を撤去
 3. 駐車場など外構整備
の三段階で工事をすすめています。

2ヶ月にもおよぶ撤去工事がようやく完了しましたので、
いよいよ第三期の駐車場などの外構整備工事に入ります。


今日は現状確認と外構計画の打合せに現場に行ってきました。

更地部分はほぼ平地のようにみえますが、じつはかなり高低差があり、
どのように起伏をうまくならすかが今日のおもな課題。検討事項は
まだまだいろいろ山積です。

歩道と車道の段差ひとつとっても、安全性からすれば段差が大きいほうが、
バリアフリーからすれば小さいほうがいいですし、外構工事というのは
単純なようで案外奥がふかいんですね。

看板関係や植栽はふるくからつきあいのある業者さんが入られるので
次回はそちらも含めて打合せの予定。


敷地全景 更地部分を駐車場等として整備予定

ようやくファサードが見えるようになりました(笑) なかなかいいですね。

LED内蔵のクリニックロゴがつきました。


-------------------------------------------------------------------------------------

住宅・医院・店舗の設計監理なら

茨城県つくば市松代3-6-14-D202 TEL029-855-3133
塚原医院 竣工写真
T-Clinic 塚原医院 の竣工写真をアップしました。

塚原医院は古河市にある 美容皮膚科・産婦人科・内科・小児科クリニックで、
デザインコンセプトは 「ホスピタリティのデザイン」 です。

ホスピタルといえば病院、ホスピタリティといえばおもてなし。ですが
日本の医療施設はまだまだ実用本位でもてなしのこころが不足しています。

美容皮膚科および産婦人科・内科・小児科のこちらのクリニックでは、
ホスピタリティを第一として、ホテルのようなここちよい空間をめざしました。

外構などまだ未完成なところがありますが、無事仮オープンして
ご好評を頂いております。お近くの方はぜひ一度ご利用下さい。


待合/レセプションの夜景

ゆとりのあるレセプションカウンター

待合のくねくねソファ

待合のカフェコーナー

待合のプレイコーナー

個室=ファミリー待合

シンボルツリーのある中待合

ぬいぐるみのある診察室

美容皮膚科 レーザールーム

その他の写真をご覧になりたい方は下記をご欄下さい。

古河市 塚原医院 ウェブサイトはこちら



クリニック、歯科医院の設計なら
 
村田栄理哉/村田建築都市研究所 一級建築士事務所
茨城県つくば市松代3-6-14-D202 www.em-arch.com


T-Clinic 塚原医院オープニングパーティ
T-Clinic 塚原医院の仮オープン内覧会&オープニングパーティに
家族みんなで参加させていただきました。

建築写真はまだ整理中なのでおって公開します。
とりあえずパーティはこんな感じでした。

産婦人科で離乳食指導などを行う付属施設「ストークメディカルサービス」
裏庭にてBBQパーティ。骨つきカルビとタイカレーが絶品でした。

若先生(次期院長先生)ご夫妻のごあいさつ
はやしたてているのは医院スタッフの方々。

右側が院長先生です。とってもお若いですね。
私の両親とそんなに変わらないはずなんですが(笑)


そういえば自分の写真は一枚もとってなかったですね。

いつも一枚くらいとってもらえば良かったと後悔するのですが...
やっぱり撮られるより撮るほうが好き、なんですね。

T-Clinic 塚原医院 リニューアルオープン!
T-Clinic 塚原医院が本日無事オープンしました。

被災にともなう建て替えのためリニューアルオープンということになりますが、
まったくの新築の  内科・小児科・皮膚科・産婦人科クリニックです。

デザインコンセプトはホスピタリティのあるクリニック。
もてなしのこころを第一にホテルのようなここちよい空間づくりをしています。


アプローチから総ガラス張りの待合/レセプションを見たところ
(左手の既存建物はこれから取り壊して駐車スペースを整備します)

お盆あけということもあり初日から大入り満員です。

スタッフの方々もまだばたばたして大変そうなので、
お祝いの胡蝶蘭のお花だけお渡しして今日は失礼することにしました。



外構工事はまだこれからなのでまだまだ気が抜けません。
既存建物をこわして駐車スペースの整備が終わるのが11月頃の予定。

明日は仮オープン内覧会&オープニングパーティがあるとのことで愉しみです。


-------------------------------------------------------------------------------

クリニック・歯科医院の設計監理なら
村田栄理哉/村田建築都市研究所 一級建築士事務所へ

茨城県つくば市松代3-6-14-D202 www.em-arch.com   


空白期間をつくらない建て替えの手順
今日はT-Clinic塚原医院さん の仮お引渡し。

こちらは震災にともなう建て替え計画で、
診療できない空白期間をつくらないために

 1. 新しい建物を建てる
 2. 移転仮オープン
 3. 古い建物を壊して駐車場等整備
 4. 施設全体で正式オープン

という手順で建て替え工事をすすめています。

法規的には3まで終わってはじめて工事完了となり検査済証がもらえるのですが、
空白期間をつくらないためには工事半ばの1、2の段階で仮オープンしなければ
ならないのですね。

原則として建物は検査済証が下りてからでなくては使用できないのですが、
それでは困ってしまうので、今回は建築基準法の例外規定をうまく使って
合法的に建て替えをすすめています。

医院に限らずビジネスでは空白期間をつくらないのは当然のことなんですが
法律はあまり親切にはなっていないのでいろいろノウハウが必要になってくるんですね。

べつに法律の抜け穴を使っているというわけではありませんが、
法律をひとつひとつうまくクリアしていくことも設計者の大事な仕事なんです。

ということでひとまず2の仮オープンにむけて建物を仮引渡しをしました。

あと防犯設備の設定も依頼済みだし、
17日の仮オープンに向けて準備も着々と進んでいます。

設計者としてはやるべきことはすべてやったと思いますが、
万事うまくいくか、半分ワクワク、半分ドキドキですね。

完了検査と消防検査
今日は T-Clinic の完了検査と消防検査でした。

建築基準法に基づく建築手続きのなかで
いわゆる「確認申請」は書類審査なのに対し、
「完了検査」は書類通りにできているかの現場確認です。

クリニックではさらに不特定多数が出入りする建物ということで
消防法にもとづく消防署の検査があります。消防署というのは
文字通り火を「消す」のと「防ぐ」のが仕事で、こうした消防検査
をすることで火災予防を図っているのですね。

そのほか医院では保健所も関わってくるのですが、
今回は建て替え計画のためか現場検査はなし。

完了検査、消防検査ともほぼ指摘事項なく無事OKを頂けました。
通ってあたりまえなんだけれど、やはり検査は通るまで緊張しますね。

そのあと設計監理者としてあちこち工事の手直しを指示して終了。
お盆あけ8/17にリニューアルオープンのため
明日にはいよいよ引渡しです。



main  1/3   >>

Entry

Category

Search

Calendar

      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< December 2018 >>

Profile

profilephoto

Link