ゼロエネルギー住宅
長期優良住宅にかわってゼロエネルギー住宅
という言葉を最近よく聞くようになりました。

エネルギーを自給自足できるようになったのか、すごいなーと思いきや、
消費電力とおなじだけのエネルギーを太陽光発電などでまかなえば
消費エネルギーは差し引きゼロでしょという考え方のようです。

結局、発電所という社会インフラなしではなり立たないシステムで、
太陽光発電を売るための美辞麗句にすぎない感じもしますが、
確かにゼロエネは省エネのひとつの理想形ではありますね。




具体的にゼロエネ住宅をつくるためには
下記の3点を抑える必要があります。

1. 熱損失の少ない建物とする
   (建物は単純形状に、開口部はLowEで最低限に)

2. 電気、設備関係を省エネ化する
   (LED、省エネ冷暖房機器の採用)

3. 太陽光発電装置をのせる
  (算出されたエネルギー損失とおなじカロリー数)

エネルギー損失(熱損失)の計算に設計ノウハウが必要ですが、
考え方としてはわりと単純ですね。

予算やデザイン上の制約がなければ実現は難しくありません。


当方ではゼロエネルギー住宅の設計に対応しておりますので、
興味をおもちの方はぜひ下記までお問い合わせ下さい。



村田栄理哉/村田建築都市研究所 一級建築士事務所
茨城県つくば市松代3-6-14-D202   TEL/029-855-3133 
E-mail/info@em-arch.com  Website/www.em-arch.com   

main  1/1   

Entry

Category

Search

Calendar

      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< December 2018 >>

Profile

profilephoto

Link