洪水ハザードマップ
御無沙汰してしまっております。村田栄理哉です。

このたびの鬼怒川氾濫により常総市で大規模浸水がありましたが、
上流側、下妻市にある自邸「とかいなかの住宅」の周辺でも
若宮戸越水の逆流により50cm超の浸水被害がありました。



周辺でもかなり浸水被害がありましたが、
自邸は60cm敷地をかさあげしてあるので大丈夫でした。

この60cmにはきちんと根拠があり、
この地域は水深0.5mの浸水被害の可能性が高いということが
下妻市の洪水ハザードマップ として公表されているのですね。

今回はおおむねハザードマップの想定通りの冠水でしたので、
ひとまず浸水被害をまぬかれることができました。


もちろん自然災害を100%回避するすべはありませんが、
ハザードマップや昔の地形図、土地の履歴など、をきちんと
ふまえて設計することで被害の度合いは全く異なってきます。

住まい/建物を計画する場合は、
おカネだけ、見栄えだけ、要望を鵜呑みにするだけ、ではなく
きちんと検討して、きちんと設計することが大切ということですね。


#ハザードマップは各自治体のホームページ等で公表されて
  いますのでみなさまもぜひ一度参考にしてみてください。
 
 main  << >>

Entry

Category

Search

Calendar

      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< December 2018 >>

Profile

profilephoto

Link